私の周りの世界人 vol.2「中国の出会いは宝物」村田芳樹

みなさん、こんにちは!今回もやってきました。私の周りの世界人にインタビュー。

先日よりMCジョイアスの英会話レッスンヴァージョンアップさせていただくお知らせをさせていただいております。「ページはこちら」

それに伴いこの記事の目的は、英語教育に関するあり方や、私たちが目指す英語教育の方向性やポイントだけでなく、世界中を旅し、世界で暮らし、世界で働く私の身近な人達にインタビューし、様々なエピソードなども紹介することで、語学のあり方と、世界についてもっと身近に知って頂ければと思っています。

記念すべき第一回は、私のイタリア語の戦友であり、大学時代の友人でもある、旧姓本田藍さんこと、藍エクルンドさん(以下藍さん)にお話を聞きました。ブログはこちらから

本日二回目紹介する友人は、アジアの歌姫ならぬアジアの歌王子こと村田芳樹さん(以下芳樹さん)です。

芳樹さんとの出会いは今から10年前に遡ります。

10年前と言ったら2010年、ちょうど私が今の事業を開業登記し始めた頃になりますね。事業を始めたと言っても、まだまだこれ一本では安定していない時期だったこともあり、二足のわらじで某ベンチャー企業の音楽スクールでも働いていました。

私は主に横浜と、町田の校舎を兼任勤務。芳樹さんは池袋校舎の店長さんでした。

一緒に勤務した時間はそこまで多くはなかったのですが、お人柄や雰囲気がとても好きで、また当時住んでいた家がとても近かったこともあり、すぐに仲良くなりました。

それから気付けば10年の付き合いで現在に至ります。芳樹さんの現在の近況などについてはブログの最後の方で紹介します。

 

目次

世界人vol.2 村田芳樹編

画像

筆者:ではでは、芳樹さんこの企画も第二回ということになりますが、よろしくお願いします。あ!改めまして第二子のご誕生おめでとうございます。(昨年末お子様が生まれました。パチパチパチ)
では、早速ですが、自己紹介いただいてよろしいですか?

 

 

画像

 

芳樹さん:みなさんはじめまして。村田芳樹と申します。
職業は恋愛を専門とした心理カウンセラーをしております。

 

 

画像筆者:恋愛専門の心理カウンセラー。ほう、それはまた面白そうなお仕事をされてますね…ってこのくだり10年近くやってます(笑)芳樹さんの現在のお仕事については、また後ほど紹介することにして、冒頭で紹介しました中国の歌王子と呼ばれている理由についてなんですが、それこそが、今回の世界人のテーマにもぴったりの方ということで今回お声がけさせていただいたわけなんですね。芳樹さん=中国というイメージなんですが、中国との出会いやきっかけを教えていただいてよろしいですか?

 

中国との出会い

画像

 

芳樹さん:一番初めに中国語に触れたのは大学の第二外国語の選択でした。
でもその当時は文法が英語と同じだし、漢字だから意味は何となく分かるだろうし
これなら単位取れるだろうという何とも失礼な理由だったんですが(笑)
しかしその後、中国人の彼女との出会いにより一変、本気で学ぶようになります。
「外国語を学ぶには外国人の恋人を作れ」なんて誰が言ったか(笑)でも、これは確かに上達への近道であることは間違いありません。

 

画像

筆者:なるほど(笑)きっかけはなんであれ、そこから中国語取得の道が一気に加速して行ったんですね!私のイメージなんですが、確かに中国語は漢字なので、読めずともなんとなく意味が分かってしまうこともあります。私も一度だけ台湾に行ったことがありますが、看板の表記などは不思議と違和感なく読めてしまいました。しかし、実際には読むことが出来ても、話すとなると全く別物の、結構世界的にも難易度高い語学のように感じます。その辺りはいかがですか?

 

画像

芳樹さん:語学は発音(耳)もとても大切です。僕の場合は、すぐ隣でいつも生の発音が聞けたのが上達への近道だったのかもしれません。また、中国はカラオケが大衆文化になっており、よく当時の彼女に連れて行かされました。そこで中国語カラオケに興味を持ち、当時は300曲ぐらい歌えるまでになりました。

中国のイメージと実際について

画像筆者:300曲ですか、すごい!確かに、耳と発音はどの国の言語においても大切ですもんね。うちのスクールでも4月からはフォニックス(詳細はこちら)などの授業も本格化していきますので、特に力をいれるべき部分、且つ日本の英語教育ではまだ不足しているとも感じる部分だと思っています。ところで、中国というと皆さん、いろんなイメージを持たれていると思いますが、実際に行って感じたエピソードなどはありますか?
画像芳樹さん:皆さん、中国に良いイメージってありますか?・・・僕は正直なかったです(笑)でも、実際に大陸に足を踏み入れてみるとそこには温かい人の繋がり、忘れかけていた優しさが溢れていることが分かります。海外は自分を偽る必要がありません。皆自分のことなんて知らないから肩肘張る必要がないのです。加えて、中国は日本と違い全てのスケールが大きい!自分はなんて小さなことに悩んでいたんだろう、拘っていたんだろう。不思議と帰国すると、出発前には緊張して凝り固まっていた心が驚くほどほぐれているんです。

中国での活動と恋愛エピソード

画像筆者:そうなんですね!でも確かに中国というと世間一般のイメージはありますが、私も世界中を旅していて感じるのが、日本人が世界では一番の気にしぃなんじゃないか。とか、全員が全員とは言わないですが、中国人くらいのメンタルがあればいいのにと逆に羨ましくなることもあります(笑)また歴史的にも長く大陸も雄大で、多くの民族がいる国家ですから実は最近次は中国本土に行ってみたいなーと思っているんです。実際に芳樹さんが体感してきたような部分を肌で感じてみたいですね。あ!せっかくなので、中国に行っていた時代の歌の話や、恋愛のエピソードなども公開できる範囲でいいので教えていただいて良いですか?

 

画像

芳樹さん:彼女のことをもっと知りたい、もっと近づきたい。そんな思いで必死に覚え始めた中国語カラオケですがその相手を知ろうとする思い、理解しようとする気持ちは必ず伝わります。中国語の歌をきっかけにどれだけの中国の友人、また日本で中国語カラオケを愛する日本人と生涯にわたる友達になれたか分かりません。
それは文字通り、本当に歌は国境を越えるんです。また中国語カラオケ大会では数々の大会で優勝させていただき、副賞で上海旅行や、現地での歌のお仕事等々いろんな所に行かせていただきました。

画像
筆者:そうなんですね。実際に肌で感じることで世間が作ったイメージが180度変わる瞬間ってありますもんね。きっと、かけがえのない時間だったのでしょうね。そうそう、私が今回歌王子と紹介させていただいた芳樹さんの歌手時代の希少な映像を入手しました。皆さんこちらをどうぞ!

 

 

画像

 

筆者:おー(スタジオ歓声)、すげー!かっこいい(笑)話逸れてすみません。あと、恋愛の話でしたね!答えられる範囲で構いませんので!

 

 

画像樹さん:あ、恋愛エピソードですか?(汗)・・・うーん、悲恋だったからこそ、今それを糧に恋愛専門家として仕事をしている。こんな感じで宜しいでしょうか?(笑)でも、今は普通に日本人の女性と結婚し、二人の息子達のパパですが、中国人女性との恋は僕の人生のふり幅を大きくしてくれた、僕の心を彩り豊かにしてくれた大切な大切な宝物であることは間違いないです。

 

 

皆様へメッセージ

画像

筆者:ありがとうございます!そんな多くの経験をして今がある、芳樹さんの現在のお仕事である恋愛専門家の詳細については最後の方でご紹介しております。是非、恋愛に悩む多くの皆様にチェックいただきたいです!では、いよいよ最後の質問になりますね。当スタジオにお問い合わせいただく方の多くが、語学は難しい。昔英語苦手だったし、恥ずかしい。など少し尻込みしている方々が多いように感じます。そんな語学へ苦手意識をお持ちの皆様に一言いただけますか?

 

画像芳樹さん:僕も初めは全く喋れなかったけど、“歌”というツールから入りました。
皆さんも是非、興味のあることから入ってみてはいかがでしょう?
興味、関心があれば続きますし、何よりのモチベーションになります。ドラマ、映画、好きな歌手、会ってみたい海外の芸能人。いかがですか?

 

 

画像

筆者:貴重なアドバイス本当にありがとうございます。「好きこそ物の上手なれ」って案外どんなジャンルにおいても使えますよね。旅行好きからハマる。映画好きからハマる。きっかけは、なんでもいいと思うんですけど、芳樹さんのように気づいたらいつの間にか話せるようになっていた。そんな風に英会話レッスンも取り組めていけたら最高だと感じています。では最後になりますが、芳樹さんの現在の活動や告知事項などを教えてください。

 

画像

 

芳樹さん:はい!普段は対面での恋愛相談の他に、不定期で恋愛セミナー等も開催しております。
よかったら是非一度遊びに来て下さい。もちろん国際恋愛のご相談もウェルカム!

 

 

村田芳樹さんの事業はこちらでチェックできます。

webサイト

画像

 

 

 

ということで、本日は第二回、私の周りの世界人。村田芳樹さんにお越しいただきました。芳樹さんありがとうございました!今度、近々お家に遊びに行かせてください笑(実は筆者が昨年末引っ越した先で、またしても、徒歩圏内のご近所さんになったのでした。)

この仕事をしていると、私の周りには、本当にたくさんの世界人がいらっしゃいます。皆さん個性豊かに楽しい人生を送られてますよね。さて第3回、第4回と私の周囲のお友達を中心に、続々決まっております。

次は誰が登場するかな?それでは今日はこの辺で。

Music&Culture Joyous(MCジョイアス)

筆者こと永野隆満でしたー。

再见(ザイジィェン)

 

追記:おかげさまで目標であった10名のインタビューに成功しまして、これからは知人友人以外の多くの皆様のお話も伺ってみたく、拡大いたしました。是非我こそはという皆様お問い合わせください。

画像

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる