「使える英語」<-- 英語の絵本!

目次

「英語はちょっと…」“I can’t speak English.”

 

画像

という日本人は、今でもすごく多くて残念に思います。

こんなに勤勉な国民が、何年も英語を勉強しても話せない、使えないのですから無理もありません。

 

歴史的に日本の英語学習は、外国から入ってくる書物を翻訳する目的で始まりました。

その、話すことが1番の目的ではないアプローチが未だに色濃く残っているんですね…

「英語アレルギー」を生み出す原因なのかなと思っています。

ただ、最近では普段の会話で使われている外来語が増えていて、すごく良い兆候だと思っています!

カタカナ言葉

『リサーチして』『エビデンスはある?』『充実したコンテンツ』『バックアップとって』『スルーして』『インスパイアされた』『超レスペクト!』『ダイレクトに進めて』。。。

ひと昔前には意味のわからなかったカタカナ言葉が、日本語に変えないままで使われるようになってきました。

 

日本語に変えずカタカナで英語をとらえると何が良いのか?

ここで1つ、ご紹介したいと思います。

 

ホストファザーが教えてくれた英語のフレーズ

画像

 

私のホストファザーが教えてくれた英語のフレーズ

“Better (late) than never!”

さて、どんな意味でしょうか?

 

まず、学校で教えられたように

①英和辞書を使って和訳しようとすると

–>より良い、(遅い)、~より、決して~ない

—>「決して~ない」「遅い、より、良い」

「???」

になってしまいますね。

 

では、

②日本語にしないで、カタカナで英語のまま考えてみましょう。

『ベター、(レイトは)、〜より、ネバー』

–> ネバーより、レイトはベター

—>絶対しないよりは、遅い方がいい

遅くても、絶対しないよりはいい

つまり!

「遅すぎることはない」

という意味のフレーズなんですね。

単語をひとつずつ日本語に訳すよりも、わかりやすくなったのではないかと思います!

 

なぜなら…

(カタカナ)英語のままでとらえると、イメージをふくらませて理解できるからです!

(【↑例↑】never「決して~ない」の他に、

ネバーには「絶対~ない」の意味もある!とイメージが広がります)

 

英語の単語ひとつには、

日本語ひとつでは説明しきれないほどの意味と使われ方があります。

英単語を辞書で調べて直訳するよりも

「英語を英語のまま」理解するアプローチの方が

英会話の壁がぐーーーっと低くなると思いませんか?

 

英語の絵本の話

画像

(画像)EHONHOUSE

 

さて、以前私が勤めていた英会話スクールでは

教材として、英語の絵本をいっぱい使っていました。

子どもたちは、絵本を開いて楽しそうにCDの音声を聞き、完璧に真似をして(完コピ)

正しいイントネーションで読んでいるのです!!

そして、絵からイメージをふくらませるので

日本語に訳さなくても意味をスっと理解しているのです!!

 

「なんて楽しく英語に触れているんだろう〜♪」

 

と感動しました。また最近では、

「英語の本」を多読すると英語を使えるようになる

という研究が出始めています!

自分の知っている単語が多く使われているレベルの本は、「和訳しなきゃ」という気持ちが薄れるので

英語を英語のまま受け止めて、意味を理解しやすくなるんですね。

 

「やっぱり英語の絵本は良かったんだ!!」と嬉しく思っています。

 

今月のspring break イベントでも絵本を取り入れています

今、ご案内している「spring break イベント」では

アメリカの小学校でも使われている楽しい絵本を手作りして読んでみます!

画像

https://mcjoyous.com/2020/03/06/internationalschool-experience-during-springbreak/

 

また、毎回歌う英語songsも、

イントネーションや単語のイメージをスっと理解するのに役立ちます!

さらに、英語を「早く」言う練習を繰り返すと、「通じる」「使える」English に近づきます!!

 

英語を「英語のまま」理解するという新しいアプローチで

「英」語の「会話」をするための English に触れてみませんか??

是非、お気軽にご参加ください!

“Better than never!!!”

この長い春休み…

少しでも、英語を身近に感じるお手伝いができたら嬉しいです。

 

英会話講師 永野絵里子

画像

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる