お家の方へわかりやすく解説、フォニックスって何?

前回ブログでも紹介しました。フォニックス。

本日は、フォニックスの説明だけに特化して、細かく書いていきたいと思います。

今後は、今よりも更に英語のスキルが求められえる時代になっていくことが予想されます。

 

きっと、

「子供に英語を身につけさせたい」

と思っている人は多いことでしょう。

 

英語というのは、小中高、大学でも習います。

私たち大人も、学校で英語を習った記憶がありますよね。

 

しかし、今はどうでしょう。これがポイント。

「あなたは、英語が話せるようになっていますか?」

 

つまり、学校の英語教育では、現状、私たち日本人がペラペラと英語を話せるようになることは難しいのです。

 

そこで、この記事では、近年話題の英語教育法「フォニックス」について、詳しく解説していきます。

画像

目次

フォニックスとは?

フォニックスというのは、元々日本人向けに開発されて英語教育法ではなく、英語圏の子供たちへの英語指導を目的として考えられていたものです。

フォニックスの特徴を簡単に説明してしまうと、

「スペルと発音に関する法則を身に着けられる」

ということです。

 

そうすることで、子供たちが、カタカナ読みで英語を話すのではなく、

ネイティブにも伝わるような発音で、英語を話せるようになっていくのです。

 

魔法の勉強法と言われる由来

フォニックスというのは、別名「魔法の勉強法」とも呼ばれています。

その理由は1つだけではなく、いくつも存在するのです。

では、詳しく見ていきましょう。

画像

正しい発音が身に付く

私たちが学校で教わった英語は、ほとんどローマ字読みだったと思います。

どういうことかというと、日本人が発音しやすい音で発音し、その音で英語を理解していたということです。

しかし、フォニックスでは、正しい発音方法を学ぶことができるため、

違和感のないキレイな発音で英語が話せるようなるのです。

 

英語が聞き取れるようになる

「英語を習ったのに、ネイティブが話す英語が聞き取れない」

といった経験をしたことはありませんか?

 

当然私たちは、ローマ字読みの英語スキルしか身に着けていないため、

日本人同士で英語を話す時は聞き取れるのに、ネイティブと話した途端、簡単な単語も聞き取れなくなってしまうのです。

 

しかし、先ほど説明したように、正しい発音を身に着けることで、

ネイティブの発音でもしっかりと聞き取ることができるようになるのです。

 

見れば読める、聞けば欠けるスキルが身に付く

Aというスペルをどう発音しますか?

「エー」

ではありません。

これについては後述しますが、正しい音がわかっていないと、正しい英語を聞いても理解することができません。

しかし、フォニックスで英語を学ぶことで、正しい音がわかるため、

聞いた瞬間にどの単語かがわかり、読んだり書いたりすることが簡単になるのです。

 

・フォニックスの特徴は?

先ほど、簡単にフォニックスの特徴を解説しましたが、もっと具体的にフォニックスの特徴について理解を深めていきましょう。

 

アルファベットの読み方が違う

Aの発音が、「エー」ではないということは先ほども説明しました。

正しくは、「ェア」となります。

Bは、「ビー」ではなく、「ブ」となります。

この違いを、私たちは子供の頃に習うことができませんでしたよね。

 

だから、今英語を話したり聞いたりすることができないのです。

フォニックスでは、このような正しい発音を最初から教えてくれるため、子供が体で発音を覚えることができるのです。

 

スペルト発音の間にあるルールを身に着ける

スペルト発音の間には、あるルールがあります。

例えば、auはどう発音すると思いますか?

「アウ」でも、「エーユー」でもなく、「オー」になります。

他にも、oaでは、「オア」ではなく、「オウ」になるのです。

 

このような発音とスペルの間の法則を学ぶことで、単語を見ただけで、

どのような発音が正しいかを瞬時に理解することができてしまうというわけです。

 

・フォニックスは難しいの?

ここまでの流れを聞くと、

「うちの子には難しすぎるかも」

「複雑すぎじゃない?」

と感じる人がいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

 

元々、英語圏の“子供たち”に教えるために開発されたプログラムであるため、全く難しくないのです。

逆に、我々のように、ローマ字読みの英語を完全に身に着けてしまうことの方が、

英語を話すことのハードルを上げてしまう要因になってしまうかもしれません。

 

「英語」というものをまだそこまで理解していない子供のうちから、フォニックスを使って正しい英語スキルを身に着けさせる方が、断然英語の上達スピードが上がると言えるでしょう。

・まとめ

学校教育で行われる英語が、意味のないものだとは言いません。

しかし、学校教育で完璧な英語を教えてくれるのであれば、私たちも英語が話せるようになっているはずです。

 

MCジョイアスでは、その学校教育では学べなかった大事なことをポイントで教えていくスクールです。

 

Aを「エー」Bを「ビー」と発音したまま大人になった場合、

そこから正しい発音に矯正していくのは難しくなってしまうでしょう。

 

今のうちから子供に英語のスキルをつけさせたいと思っているのであれば、

是非現地の子供たちも取り組んでいる「フォニックス」を試してみることをおすすめします。

 

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる