アメリカ大統領選挙から学ぶスピーチ力【話し方・世界編】

前回の安倍さんのスピーチ力に続き今日は世界編でお送りします。

前回のブログはこちらから

https://mcjoyous.com/2020/09/14/hanashikata/

2020年、今年は世界中が注目する「アメリカ大統領選挙」が行われる年です。

11月3日がいよいよ決戦です!

世界をリードするアメリカ。この結果次第で世界の情勢は大きく変わることになります。もちろんアメリカと関係の深い日本にとっても、結果が気になるところですね。

さて、そんなアメリカ大統領選挙は、日本の総裁選挙とは違い、長きに渡り行われアメリカではお祭り騒ぎになる一大イベントです。

そして、トランプ大統領とバイデン氏の一騎討ちが決まり、さらに盛り上がりを見せております。

以前もブログに少し紹介しましたのでこちらも合わせてご覧ください。

https://mcjoyous.com/2020/03/09/us-presidential-election/

今回は、このアメリカ大統領選挙のお話とスピーチ力についてのブログです♪色々とMCジョイアスのレッスンと繋がることも多いので是非ご覧ください。

目次

そもそもアメリカ大統領選挙の仕組みは?

アメリカ国旗

まずは日本との違いですが、アメリカの大統領は、間接投票という形にはなりますが「国民が選ぶ」という点が日本と大きく違います。

アメリカの議会は、民主党と共和党の二大政党があります。ちなみに補足ですが、リベラルが民主党、保守が共和党と言われているようですね。

大統領選は、民主・共和両党の候補者を1人に絞る「予備選挙」と、両党の候補者から大統領を選ぶ「本選挙」があります。

本選挙は、共和党候補と民主党候補の一対一の闘いとなり、2カ月間の選挙戦を行います。

そして、本選挙の投票ですが、これを「一般投票」と呼びます。
2020年の一般投票は11月3日です。

そして開票です。
選挙人は全米で538人存在しており、その過半数(270人)以上を獲得した候補者が見事「大統領」となるわけです!

トランプ大統領とバイデン氏それぞれの主張について

【トランプ大統領】

・スローガン▶米国を再び偉大に
・主な政策▶減税、規制緩和で雇用拡大
国際協調を否定、対中強硬
・新型コロナ対策▶経済再開の旗振り役
・人種差別デモへの対応▶「法と秩序」への回復

【バイデン氏】

・スローガン▶米国の魂を取り戻す
・主な政策▶富裕層に増税、オバマケアを拡充
・新型コロナ対策▶科学者の意見を尊重
・人種差別デモへの対応▶平和的な抗議活動を支持

トランプ大統領とバイデン氏のそれぞれの主張は上記の通りです。

この主張を国民に伝えるためには、「スピーチ力」が非常に重要になるのです!

ディベート、つまり討論になればトランプ大統領が圧倒的に有利とされています。

その理由は、皆様もテレビニュースなどでよくご覧になると思うのですが、羨ましいくらい、

トランプ大統領は、演説、そしてメディアからの取材に対しても、とてもテキパキと答えられる人物です。

どんなに多くの人々の前でも堂々とした姿勢で話し、自分の意見に対して絶対的な自信を持っているのが画面越しでも伝わって来ますよね♪

ただし、今のところテレビや新聞を読む限り、バイデン氏が有利な印象も受けます。

トランプが阻止するか、新大統領の誕生となるか?注目ですよね。

英会話と話し方(トーク力・スピーチ力)を磨くならMCジョイアスで!

と、今回はアメリカ大統領選挙についてと、上で説明した通り、社会で生きていく上では「話し方(トーク力・スピーチ力)」が非常に重要になっていきます。

当社MCジョイアスは、「話し方」を学べる数少ない教室です。
加えて、英会話教室としても実績があるので、当社で「英会話」と「話し方」を学び、皆様も今年の大統領選挙を楽しんでみませんか?

まずは体験にいらしてください!
話し方の重要性・楽しさを知り、実用的なレッスンを自分のペースで学習することが可能です!

川崎市高津区の【溝の口校】で受講が可能です。

川崎市、高津区、溝の口近郊の方はぜひ1度お問い合わせくださいませ!

漫画でわかる話し方レッスン(漫画で作成してみました)

体験レッスンお問い合わせはこちら

https://mcjoyous.com/contact/

✉️    info@mcjoyous.com

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる