今日は七夕ですね♪

目次

今日は七夕ですね。

というわけで、今日は7月7日にちなんだブログを書いてみたいと思います♪

七夕とは

五節句の一つ。天の川の両脇にある牽牛星と織女星とが年に一度相会するという、七月七日の 夜、星を祭る年中行事。中国由来の乞巧奠(きこうでん)の風習と日本の神を待つ「たなばたつ め」の信仰とが習合したものであろう。奈良時代から行われ、江戸時代には民間にも広がった。 庭前に供物をし、葉竹を立て、五色の短冊に歌や字を書いて飾りつけ、書道や裁縫の上達を祈る。 七夕祭。銀河祭。星祭。

出典:広辞苑

 

うーむなんだか難しいけど笑

要するに、昔からずーっと伝わってきた慣しというのは分かりますね。

織姫と彦星の話

 

画像

私たちでも簡単に知っているお話としてまとめると、

 

天の神様に「織姫」という娘が毎日はたを織って暮らしていました。

美しい娘だった関わらず、毎日、身なりに気を遣わずに働き続けている様子がとてもかわいそうに思い、

神様が娘に見合う婿を探すことにしました。

ある時、毎日牛の世話に励む真面目なな若い男性「彦星」に出会います。天の神様は、この真面目な若者こそが、織姫(娘)を幸せにしてくれる日がいないと思い、二人を出会わせ結婚させました。

 

月日が流れ、二人は毎日仲良く暮らしましたが、一つ難点がありました。

それは仕事を全くしなくなったのです。

これに天の神様は怒り、織姫を西に、彦星を東に、天の川を隔て引き離しました。

 

二人はお互いの姿を見ることも出来なくなり悲しみにくれ、ますます働こうとしなくなってしまいます。

これに困った天の神様は、

「しっかりと真面目に働くなら7月7日だけは会わせてやる」

という条件で、1年に1回だけ天の川を渡って会いに行けるようになりました。

画像

こうして彦星と、織り姫という男女の星が、今も天の川をはさんで向かい合って、1年に1度、7月7日になると

大きな天の川を渡って会いに行くという言い伝えから、この七夕という行事が始まりました。

 

とまぁ、こんな話なわけですが、小学校くらいの時に聞いた話だったので少し細かいところを忘れてまして、

ネットで色々調べて思い出しました(笑)

毎年恒例MCジョイアス(アキバレエスタジオ )で短冊作り

そして、毎年恒例にはなりますが当スタジオで子供達と短冊を書いてます。

バレエのこと、音楽のこと、英会話のことなど様々ですが今年は「コロナが早く終わりますように」

とかいうのもありました。子供たちの心に少し傷をつけちゃいましたね。私もそう思うよ。

 

こんなに集まった子供たちの短冊

画像

こーんなに集まりました!みんなありがとう♪

今日は、少し曇り空だったけどきっと織姫も彦星もソーシャルディスタンスもしっかり意識しながら

仲良く一年に一度の日をしっかり会えたんじゃないかな!

まだ世間がこんな暗い状況だけど、少しでも日々の楽しいことを考えて行けたらと思います。

 

みんないつもありがとう。

 

Music&Culture Joyous(MCジョイアス)先生たちより

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる