日本人はなぜ英語を話せない?フォニックスとの関連性

日本人は英語が話せないことが多いです。

それは、英語の文法と日本語の文法に違いがあり、中々慣れることができないという理由もありますが、他にもたくさんの理由があります。

 

ただ、日本が益々グローバル化していく中で、全く英語が話せないというのは、様々な面で不利になってしまいます。

しかし、私たちは英語の教育を受けています。

これはとても重要な問題です。それにも関わらず、なぜ英語を話せないのか?ということについて、詳しく解説していきます。

画像

目次

日本人はなぜ英語を話せない?

実践がないからすぐ忘れる

私たち大人が、学校で習った英語というのは、黒板の前に座り、書かれたスペルや単語を読んだり、書いたりするものだったと思います。

しかし、何事も実際に経験をして、実践を積んでいかなければ体に染みつかせることはできません。

 

また、実用的な英語を教わる時間というのも、わずかしかありません。

「this is a pen」

この単語を日常で全く使わないとはいいませんが、ほぼ使う機会はないでしょう。

他にも、試験のための勉強をしてしまっている人が多いため、そもそも英語を身に着けるという目的ではなくなってしまっている場合もあるのです。

 

 

ローマ字読みを正しいものとしている

アップルは、Appleですが、これを正しく発音できる人は意外と少ないものです。

なんとなく英語っぽく発音することはできても、その発音でネイティブにしっかりと聞き取ってもらえるとは限らないのです。

 

また、カタカナの文字は、英語っぽく話せば通じるだろうと思っている人もいます。

しかし、例えば「エアコン」は、そのまま発音しても通じません。

 

これが、ローマ字読みの怖さでもあるのです。

 

恥ずかしいという気持ちが強い

日本人はシャイな人が多いことで有名です。

「間違ったら恥ずかしい」

という風潮がなんとなくあるため、子供たちは間違えを恐れて、英語を大きな声で発音しようとしません。

また、「英語っぽく発音したら恥ずかしい」と思ってしまう子供もいて、あえてローマ字読みで発音をしてしまうという場合もあるのです。

 

日本人が英語を話せるようになるにはどんな教育が必要?

では、そんな日本人が英語を話せるようになるためには、これまでとは違った英語教育を受ける必要があります。

今までの学校などで習う英語では、英語が話せるようにはならないと言いう意味ではなく、

新しい形で、正しい英語を覚えさせる教育が必要になるのです。

 

 

子供に英語教育をさせるならフォニックスがおすすめ

 

「子供にはどんな英語教育が効果的なのだろうか」

と悩んでいる場合には、是非フォニックスというプログラムを活用することがおすすめです。

これからMCジョイアスの方針にもなってくる重要な部分でもあり、なんども出てくる言葉です。

 

フォニックスは、日本の英語教育とはまた違った角度から、正しい英語を身に着けることができるため、

英語に対する間違った認識や、変な癖がついていない子供のうちからフォニックスで学ばせることが大事になるのです。

 

 

フォニックスとは?

では、フォニックスとはそもそも何なのでしょうか。

実は、フォニックスは日本人向けに開発された英語教育プログラムではありません。

英語を話す現地の子供に、英語を教えるために開発されたプログラムなのです。

 

つまり、英語を完璧に操る英語圏の人たちも、もしかしたらフォニックスを使って英語を習っていたかもしれないということなのです。

 

フォニックスには、大きく分けると、2つの特徴があります。

まずは、

正しいアルファベットの読み方を教えてくれるということです。

日本人は、どうしてもローマ字読み、カタカナ読みになってしまいますが、それではネイティブに伝わる英語を身に着けることはできないのです。

 

そして、2つ目は、

スペルと発音の間にある音を理解するスキルを身に着けることができます。

 

例えば、子音と子音の組み合わせをどう発音するのか、母音と母音の組み合わせをどう発音するのかということを、

正しく理解することができるため、ネイティブの発音を聞いただけで、何を言っているかを理解することができるようになるのです。

 

・日本の英語教育とフォニックスの違いは?

フォニックスと日本の英語教育での圧倒的な違いは、

「楽しめているか」

です。

 

日本の英語教育が退屈でつまらないものだとは言いませんが、

どうしてもテストのための勉強になってしまっている子供たちが多いです。

しかし、フォニックスの場合であれば、正しい発音、正しい読み方を理解することができます。

正しい英語を理解することができれば、英語を学ぶということが俄然楽しくなるはずです。

この、「理解できた⇒楽しい」

というサイクルが、英語を上達させる上では非常に大切になるのです。

 

まとめ

現地の子供たち向けに作られたフォニックスで、子供に英語を学ばせることができれば、

正しい音を聞き取り、音を聞いただけで文字に起こせるようになる可能性がグンっと高くなります。

 

また、英語を楽しいものと認識することができれば、日常会話の中での英語が増え、

自然と英語を上達させることができる場合もあるのです。

 

 

MCジョイアスは英語でなく、英会話に力を入れています。

それは、将来実用的に話すことができる生徒を一人でも多く育てることにあります。

 

MCジョイアスの英会話クラスは話す、話せることに特化したスクールなのです。

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる