MCジョイアスの生徒必見。こっそり教える英語上達の近道!

日々の勉強、お疲れさまです。突然ですが、みなさんの不得意な科目は何でしょうか?

 中には、

「毎日英語を勉強しているのに、なかなか話せるようにも聞き取れるようにもならない」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 そこで、この記事では、MCジョイアスに通っている皆さんだけに、こっそりと英語が上達する近道をお伝えしてきたいと思います。

画像

目次

英語が上達しない・・・どうすればいいの?

画像

いくら勉強をしても、英語が上達しなければ、英語が嫌いになってしまいます。

しかし、英語が上達し、スラスラと話せるようになれば、旅行に行った先で現地の人とコミュニケーションを取ることもできますし、

英語を使った仕事に就くことも可能になります。

 

また、英語を上達させるためには、正しい勉強法と間違った勉強法があります。

もしかしたら、間違った勉強法を続けているのではないでしょうか?

では、間違った勉強法とは具体的にどんな方法なのかということについて、詳しく見ていきましょう。

 

英語を上達させるためにしてはいけないたった1つの勉強法とは?

英語を学ぶ上で、一番効果がなくやってはいけない勉強法とは、

「丸暗記をすること」

です。

 

中には、文章を丸暗記して英語を覚えようとしている人もいると思います。

しかし、その勉強法を続けていては、もしかしたら一生英語が上達することがないかもしれません。

 

では、なぜ日本人が英語を丸暗記しようとするのかというと、「テスト」が原因である場合が多いです。

「教科書の〇ページから出題します」

「○○文法をテストに出します」

なんて言われたら、そこだけ暗記したくなりますよね。

 

しかし、実際の生活の中で英語を話せるようになりたいのであれば、そのような勉強は絶対にしてはいけません。

 

英語を上達させるための近道を4つ解説

画像

では、逆に英語を上達させるための勉強法には、どんなものがあるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

発音やスペルの音を掴む

日本人は、どうしてもローマ字読みやカタカナ読みをしてしまいがちです。

それは、日本語の発音に慣れてしまっているため、発音しやすい音で読んでしまっているということに原因があります。

 

そうではなく、ネイティブの人が話すような発音を身に着けることが大事です。

スペル1つとっても、正しい読み方というのは確実に存在します。

例えば、Aは「エー」と読みません。

 

このようなカタカナ読み、ローマ字読みを卒業することで、英語上達に一歩近づくことができます。

 

丸暗記ではなくパターンで覚える

また、日常的に使う英語を、パターンで覚えてしまうというのも1つの方法です。

例えば、

「こう聞かれたら、大体は○○文法を使うな」

というように、ある程度自分の中でイメージして覚えてしまうのです。

 

ただ、この時に注意すべきなのが、「丸暗記とパターンで覚えるのは違う」ということです。

丸暗記をすれば、時間と共に忘れていきますが、パターンで記憶することができれば、そのような会話が出てきてもすぐに頭の中に英語を浮かばせることができるでしょう。

 

英語に触れる時間を増やす

日本で生活をしている以上、英語で会話をしたり、英語を話すネイティブと会話をしたりする機会は少ないです。

日本人が日本語をスラスラと話せるのは、毎日当たり前のように使っているからです。

 

英語もこれと同じで、実際に会話の中で使っていかなければ上達しにくいのです。

ただ、先ほども言ったように、日本で普通に生活していれば、英語を使って会話をする機会というのは非常に少ないため、意識をして普段から英語に触れる時間を作ってあげることが大事になってきます。

 

単語ではなく「文」で話す

学校で、

「英語しか使ってはいけない」

という授業はありますか?

 

もしあるのであれば、その時間を有効活用して、英語だけでコミュニケーションを取れるように頑張ってみましょう。

多くの人は、頭では言いたいことが浮かんでいるのに、英語に変換できないという悩みを持つはずです。

そのときに、その問題を放置するのではなく、しっかりと文法や単語などを復習することが大切です。

 

また、中には単語だけを使ってコミュニケーションを取ろうとする人がいます。

海外に行けば、単語を並べただけで通じることもあります。

しかし、それでは英語の上達には繋がりません。

 

間違っていてもいいので、単語だけで会話をするのではなく、

正しい文法や言い回しで会話をすることを意識することも大事になってきます。

 

まとめ

このように、英語を上達させるには、やってはいけない勉強法と、今すぐ取り入れるべき勉強法があります。

特に、テストのためだけの勉強はやめるべきです。

 

正しい発音で、正しい文法を使って英語を話せるように、今回紹介した方法を意識して取り入れていきましょう。

最初は、慣れない勉強法に戸惑うかもしれませんが、少しずつ英語が上達し、気づけばネイティブの人と自然な会話ができるようになっているかもしれません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる