9月23日出演ゲスト、講師紹介

目次

ゲスト紹介

 

沓澤周一郎 SHUICHIRO KUTSUZAWA

『キャッツ』『レミゼラブル』『アニー』など劇団四季・東宝・蜷川幸雄・宮本亜門作品などの舞台多数出演。各種小劇場、TVなど映像作品にも多数出演経歴あり。
各種俳優専門学校、芸能事務所などにての演技の講師歴およそ10年。現在俳優活動と同時に東放学園高等専修学校などにて演技講師としても活動。近年は子役の指導も手掛ける。

 

深井えみこ Emiko Fukai

武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。
丸尾勝代、上浪明子、永尾和子の各氏に師事。
これまで 広島市新人演奏会、横浜市緑区音楽家の集い等数々の演奏会に出演。
日本演奏家連盟推薦新人演奏会、 ’87広島プロミシングコンサートでは広島交響楽団と共演。
オペラでは「奥様女中」のセルピーナ、「フィガロの結婚」のバルバリーナ、「魔笛」の夜の女王・パパゲーナ、
創作オペラ「犀」の詩人、創作オペラ「じゅごんの子守唄」の源太等に出演。
区民ミュージカルの歌唱指導、ミュージカルスクールで歌の指導、”えみじん “”えみじんじゅん”などのユニットで演奏活動も行う。
二期会会員。

 

演奏 倉沢大樹 Daiju Kurasawa

6歳よりクラシックピアノ、16歳でエレクトーンとジャズピアノを始める。
1993年 シンガポールで開催された第30回インターナショナル・エレクトーン・フェスティバルに日本代表として出場。グランプリを受賞。
翌年よりヤマハ専属エレクトーン奏者として活動を開始。
また、ヤマハ音楽出版より作品集を出版するなど、アレンジャーとしても活動している。
1997年よりNHK FM 番組『土曜ひろば』レギュラー出演。
1998年 長野冬季オリンピックでは、スキー競技など屋外競技の表彰セレモニーの際のすべての演奏を担当。
2001年NHK FM 番組『栃木6時です』テーマ曲制作。
2007年CD「JAZZ IZ」をリリース。同時にマッチング曲集「JAZZ IZ」も発売。
現在は、全国各地でのコンサートのほか、 ジャズ・ピアニストとしても活動中。
2019年よりミュージカル舞台での演奏にも参加。笹本玲奈20thアニバーサリー・コンサート『Breath』やホリプロ60周年記念ミュージカル・コンサートなどに出演。
2021年から『Musical Show Box』のアレンジ、演奏を担当。

主な共演者
エリックミヤシロ、桑山哲也、笹本玲奈、佐山雅弘、島田歌穂、神保彰、チカシンガー、デュークエイセス、中西俊博、沼尾みゆき、はいだしょうこ、マーサ三宅、マリーン、向谷実、渡辺貞夫、雪村いずみ

 

ミュージカル総合演出:藤原大輔Fujiwara Daisuke 


プロフィール

愛媛県出身。劇団四季研究所を卒業後、夢から醒めた夢、コーラスライン、マンマミーア、エクウスなど数多くのミュージカルに出演
代表的な作品には、ユタと不思議な仲間たち、ユタ役(主役)。

劇団四季に10年以上在籍。

累計3000ステージ以上の舞台に立つ
坊っちゃん劇場 ミュージカル52days 主演 夏目漱石役

 

講師出演者

寺井 梓 Azusa Terai

画像
4歳よりピアノをはじめる。
石川県出身、現在、神奈川県川崎市在住。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業
第45回全日本学生音楽コンクール大阪大会小学校の部第2位。
第47回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部入選。
第50回全日本学生音楽コンクール東京大会高等学校の部入選。
ロゼ・ピアノコンクール第3位。
第20回ソレイユ音楽コンクール第1位。
音楽現代新人賞受賞。など、コンクール受賞歴多数。現在は国内外での演奏活動と共に、後進の指導を行なっている。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会、演奏・指導会員。

山﨑 尚輝 Naoki Yamazaki

画像
洗足学園楽大学ピアノコース器楽専攻卒業。同大学院研究科修士課程修了。
2014年にウィーン研修に参加。
2016年べーテン音楽コンクール第2位。
2017年第7回小山市新人演奏会に出演。
2018年第42回ピティナ・ピアノコンペティショングランミューズ部門A1カテゴリーにて全国決勝大会に入選。
タチャーナ・ゼリクマン、プロニスワヴァ・カヴァラ、マーティン・ヒューズ、ミハイル・リツキーの各氏の特別レッスンを受講。
これまでにピアノを安嶋健太郎、鳥羽瀬宗一郎の各氏に師事。現在、フリーランスにて講師活動を務める。
現在もソロやコンクール、アンサンブルの伴奏等の本番に挑み続けている現役プレイヤーでもある。

    川口 裕資 Yusuke Kawagushi

    ピアニスト、音楽学者、作曲家。
    秀明大学政治経済学部、昭和音楽大学短期大学部、昭和芸術学院、昭和音楽大学大学院を卒業。
    ピアノを川染 雅嗣氏に師事。

    10歳よりピアノを始めるが、バイエルの難しさに3年足らずで挫折。
    20歳を過ぎてから本格的に取り組む。

    音楽修辞学(レトリック)という古の音楽理論を研究。調性格や音の動き、様々な背景で、作曲家の意図する考えを読み解く研究をしている。

    数年前、身体に重度の障害を患い、医者より左腕の使用の制限を受けるハンデがあり、ピアノを弾くための左腕の筋力の衰えはあるが、ハノン教本を研究し、腕に負担をかけない練習方法の研究をしている。

    渡邊 由衣 Watanabe Yui

    画像
    本公演MC、歌、ピアノ
    東京都吉祥寺出身。
    3歳からクラシックピアノを始め、小学生になってからはジャズダンスやアルトホルンなどを習い、
    様々な音楽にふれる。15歳から養成所に通い始め、本格的に歌、演劇、ダンスを始める。
    シンガーソングライターのコンテストでは最優秀賞取得。
    友人の影響でウクレレの音色に惚れ、現在はウクレレとピアノでシンガーソングライターとして活動中。また、新宿の生演奏バンドBar“新宿21世紀”では専属シンガーとしても活動中。
    調布FMラジオ番組”ドリラジ”にて、MCやラジオドラマにも出演。

    田井友香 Yuka Tai


    声楽(歌)、ピアノ

    プロフィール  香川県出身。高松第一高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻修了。学部3年次に安宅賞、卒業時に同声会賞を受賞。第63回藝大オペラ定期公演《フィガロの結婚》にて伯爵夫人役で本格的にオペラデビューし、《魔笛》侍女I、《ドン・ジョヴァンニ》ドンナ・アンナ、《ラ・ボエーム》ムゼッタ、ハイライト形式にて《秘密の結婚》エリゼッタ、《ロメオとジュリエット》ジュリエット等を演じる。その他、《第九》ソプラノソリストも務める。第33回市川市新人演奏家コンクール最優秀賞。第37回飯塚新人音楽コンクール入選。第35回香川音楽コンクール大学一般の部第1位。第3回ロシア声楽コンクール学生の部第2位。第8回サンポートホール高松デビューリサイタルに出演。これまでに2度地元香川でリサイタルを行う。幅広いレパートリーを持っており、特にラフマニノフの歌曲を得意としている。
    これまでに十河純子、本田矛日子、佐藤ひさら、W.Matteuzziの各氏に師事。

     

    朗読作品はらぺこあおむし演奏隊

    舞台構成、英語指導 永野 絵里子Eriko Nagano
    画像

    英語、英会話講師
    学生時代にアメリカ(ボストン)にて英語留学
    メキシコ(オアハカ)・キューバ(ハバナ)にてスペイン語留学

    大学卒業後は某都市銀行へ就職、外国為替にて4年間勤務するも自分ならではのやりがいを感じられる仕事をしたい、という思いから子ども英語教師を目指しました。

    カナダ(トロント)の英会話教師養成学校へ通いOJTを経験。帰国後、英会話教室に就職
    インターナショナルプリスクールの立ち上げ、週4日12クラスを担当

    結婚出産を経て目下、娘&息子の英検対策に励み中(笑)

     

    劇中演奏曲/アレンジ 永野隆満 Takamitsu Nagano画像

    鹿児島県出身。作曲を吉嶺史晴、ピアノ堀由布子、音楽大学作曲学部時代吉原太郎各氏に師事する。学生時代より地元CM曲制作、音楽朗読劇の主催や作品の発表などで国内外多数の公演や出展を行う。国内の作曲コンクール(CCMC2006入選、ACSM116国内最優秀賞、FUTURA国際電子音楽フェスティバル(フランス)出展など)20代前半は精力的に国内外のコンクール入賞やフェスティバルに出演していた。
    また執筆での最優秀賞、入選歴、絵本の出版歴などもある。2010年からクラシックバレエ教室AkiBalletStudio開校。2013年よりMusic&CultureJoyousを立ち上げる。2018年事業を統合しSTart creation株式会社に法人化。趣味、サッカー鑑賞、旅行、菜園、芋焼酎(飲むのも集めるのも)、フルマラソン。

    松山 祥子 Shoko Matsuyama ピアノ演奏

    画像
    沖縄県那覇市出身
    幼少からピアノ・電子オルガンを始め、コンクールにて数々の賞を受賞
    東京ミュージック&尚美ミュージックカレッジ電子オルガン学科を首席で卒業
    クラシック・ジャズ・ポップス等多くのジャンルを学び、これまでにオーケストラとの共演(ピアノコンチェルト)、バックバンド、声楽伴奏等を経験
    現在は、音楽講師の他、ブライダルピアニスト、楽器メーカープレイヤーなど、ステージプレイヤーとして年間100ステージ以上

    高橋敬大  サックス演奏

    1987年生まれ。
    昭和音楽大学器楽学科卒業。
    在学時からロックバンドに所属し、オリジナルアルバムを6枚、主催コンピレーションアルバム5枚を全国リリース。
    バンドの活動休止と共にフォトグラファーに転向し、雑誌、web、広告などの分野で活動中。

    MAX工藤(効果音制作)

    秋田県出身。昭和音楽大学電子音楽コース卒業。これまで作曲を吉原太郎氏に師事。音楽と工作と実験のオトワクラボを結成し、これまで、関東圏のシャッター街などでの町おこしイベント企画、動物園やTkids(ツタヤグループ)での、謎解きゲームの制作、音のなるおもちゃ制作ワークショップ、などを行うPCと音楽と環境音や発想を駆使したコンテンポラリーな作家として活躍中。

    代表的な作品に、スピーカーを数十個ちりばめた超立体音響型の作品(アクースモニウム)、コンピュータを使ったライブエレクトロニクス、アップルストア銀座店イベントホールにて、永野隆満と、発明作曲家かおりんぐマシーンと共作によるアップル製品を使ったコラボレーション作品「パイロットになりたい」、オリジナル集音器とシステムを制作し、楽器の爆音の音圧を電力に変換し、電化製品を起動させた「音楽ポップコーンができるまで」などがある。CCMC2006入選(神戸ジーベックホール)。

    趣味:声楽、神社巡り、写真、コンテンポラリーダンス。

    スタッフ

    舞台監督:相馬舞台研究所(佐伯美佳)

    照明:有限会社舞台照明満平舎

    音響:株式会社音ん

    写真撮影:株式会社東京アートアイ

    映像撮影、DVD制作:株式会社hoop

    制作、衣装協力:小松美優、菊池沙織(STart creation株式会社)

    デザイン:有限会社 MON-DeSIGN

     

    【予約方法】Music&CultureJoyous Autumn Arts Festival2021

    チケット予約方法と詳細はこちらから

    https://mcjoyous.com/2021/08/24/mcjoyous-artsfes2021/

     

     

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる