英会話コラムvol.5:2月の思い出ほろほろ

甘酸っぱい思い出を一つ。

あれは、中学二年の2月のことです。

普通三学期って、3月の期末テストだけですよね。3年生が受験ということもあり、職員室自体が、在校生にかまっていられない。だからなんとなく自由というか。

中学2年の時、初めて本気のバレンタインだったんですよね。

昔のことですから?

いや、我が家の気質だから?

手作りチョコレートの練習なんてしようものなら、

家族中に「誰か、好きな人いるんだ~」とからかわれるので、

ひたすら夜中に、勉強しているふりで、台所で手作りチョコレートの練習をしていました。

 

 

が。なにを思ったか、

210日に「2月14日に、英語の中間テストをします!」

えっ?。why?。なぜ?。女子一斉に引きました。

 

当時は、英会話がメインの授業ではなく、スペルや文法などの座学ばかりでね。

やっぱり、13日の夜は、範囲をちゃんと勉強し直さないと、テストには望めないんですね。

別に、15日でも16日でもテストはいいじゃないか…1年のうちで、214日は、214日だけなの!(まったくもって当たり前の話ですが)。

うちの担任はいいことを言いました。

「バレンタインが、2月14日だけってことはない。人間にはそれぞれ都合があるから、14日から1週間有功とします」。女子ほっと胸をなでおろす。

 

まあ、こんな急なテストもあるので、幼いころから、英語身に付けてると、

13日の夜に余裕をもって、チョコレート作れます。

てか、最近、バレンタインは、自分へのご褒美状態になっている気がするのは、

私だけでしょうか?うふふ。

 

 

 

目次
閉じる