隔週ピアノコラム vol.4 子どもがはじめて弾くピアノ

ベビーベッドで寝ている赤ちゃんから、お座りができるようになっておもちゃが必要になって来た赤ちゃんに、最初に与える音が出るものってなんでしょう。

もちろん、お腹を押すと音が出るお人形かもしれません。

でも、ちゃんと音が出るという意味では、ミニピアノではないでしょうか。

一つ鍵盤を押してみる、音がする、びっくりした赤ちゃんは、おもしろがるか、びっくりして泣いてしまうかどちらかだと思います。

でも、慣れるにしたがって、どんどんおもしろがって、欠かせないおもちゃになることでしょう。

赤ちゃんは、楽譜が読めません。

赤ちゃんは、楽譜が読めません。

ものの本によると、赤ちゃん期は、絶対音感がまだ備わっているとも。そこで、即興でいろんな「一期一会」のメロディを奏でます。

これ、赤ちゃんが弾いていなかったら、いえ、弾いていたとしても、立派なジャズですよ。

 

どうでしょう。ミニピアノに興味を示した赤ちゃんの能力を活かしてあげませんか。

 

2~3歳になったら、ピアノのお教室に来てみませんか。

最初は見学だけでもいいのです。少しお兄さんお姉さんの子たちが弾くのを聴いたり目にしたら、興味をもっと持つはずです。

だって、ミニピアノの達人だったのですから。

子どもとピアノの関係って、本当に身近な日常から始まるのです。

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる