日本の授業でフォニックをやらない理由

こんにちは!
前回のブログでは、「フォニックスという学習法の必要性」についてお話しさせていただきました。

フォニックスとは
[英語のスペル(綴り)と発音の規則性をルール化した学習法]
となります。

フォニックスのメリットは、自然に英単語を覚えることができるので、

今までのように英単語の

[スペル(綴り)][発音][意味]をバラバラに暗記する必要が無くなることです。

余計な手間を省くことによって、英語に対する苦手意識を無くし、楽しみながら英語を学ぶことができます。

さて、前回紹介したこのフォニックスですが、日本の学校教育では教えていません。

それは何故なのか…?
その謎に迫るのが今回のブログになります♪だいぶ切り込んだ希少なブログになると思います。

 

目次

なぜ日本の学校教育ではフォニックスを教えないのか。

 

画像
まず、英語の発音を知らない子に文字を与えても無意味だと考えられており、指導をする教師が英語の発音に自信がないので、発音指導が出来ないという致命的な問題があります。

そうなると、当然フォニックスの指導もできません。

更には、指導すべきなのは「フォニックス」などではなく発音指導であり、徹底すべきなのは発音記号と発音の習熟と考えられています。

そして、フォニックスの教授法は、本来かなり低学年向けの教授法であることも理由の1つです。

文字は音声に変わるという考え方ですが、そのスタイルで中学生に学習内容を満足させられるのか?という問題もあります。

日本人はなぜここまで英会話ができないのか

「日本で暮らしていると英語は特に必要ないから」
という意見をよく聞きますが、それを言ってしまえばお終いです。

英語ができるというだけで就職が有利になったり、昇進のチャンスが高まったりと、英語が出来ることで得られる利益は相当大きく、グローバル化されていく社会の中で生き抜くには英会話は必須です。

また、日本人は少なくとも中高6年間英語を勉強しているのにも関わらず、ここまで英語ができないというのも実に不思議なことです。

日本の英語教育は何が間違っているのでしょうか。

英語を使うことがまったく想定されていない

もっとも根本的な間違いは、実際に「英語を使う」ことがまったく想定されていないことです。

読み書きも非常に大切なのですが、当ブログで何度も言っているように、
「英会話が出来ないと意味が無い」
のです。

 

英語を使う練習の機会が少ない

 

画像
学校教育では、会話練習の機会がほとんど存在しないのも大きな問題です。

せっかく各学校にALTの先生がいるのに、彼らの役割は極めて限定的であり、上手に活用されているとはとても言いがたい状況です。

この問題も結局、「英語を実際に使う」という考えが丸々抜け落ちているからでしょう。

何度も言いますが、英語は実際のコミュニケーション、英会話ができなければ意味が無いのです。

MCジョイアスで受講が可能です!

上で説明した英語学習法の[フォニックス]、MCジョイアスで受講が可能です。

英会話を習い事にお考えの皆様、ぜひMCジョイアスでフォニックスを楽しく学びませんか?

お子様はもちろんのこと、大人の方も大歓迎でございます!

川崎市高津区の【溝の口校】で受講が可能です。

川崎市、高津区、溝の口、宮前区菅生近郊の方もぜひ1度お問い合わせください!

目次
閉じる