ピアノコラムvol3:ピアノを弾く人のイメージ

誰しもが、ピアノを弾く人のイメージを持っていますよね。

ちょっとおしゃれなデザインの「白い」家に住んで、窓からは白いレースのカーテンがはためきます。

そこから流れてくるピアノの音。色白で細くて、可愛い洋服を着た、長い髪のお嬢様。

これ多くの人のイメージだと思います。

目次

実際にテレビなどで見かけるピアニストって

でも、実際にテレビなどで見かけるピアニストって、どんな感じですか。

テレビですから、まあ、洋服はフォーマルですけれども、必ずしも色白でもないし、細くもない~逆に体格が良かったりする。

髪の毛は、ピアノを弾くのに邪魔にならない程度に長くない~でもキレイにしている。

町にいるピアニストには、すごいガタイのいい工事現場にいそうなおじちゃんが、とても繊細な音を奏でていたりします。

また、少年が、ダイナミックな弾き方をしている場合もあります。

イメージはあくまでも、イメージ

イメージはあくまでも、イメージなんですね。ピアノの弾き方や音の出し方は、弾き手の生き方や考え方、性格をよく表すものです。

特に、バイエルも終わり、お教室に行くのも終わり、下手をするとピアノの先生のお免状を持っていて活用していない、

市井のピアニストたちの奏でる音は、個性にあふれています。

お嬢様が、アカデミックな音を出していたらあなたはびっくりしますか。

たぶん、その音を充分に楽しむことになるでしょう。

 

川崎市高津溝の口・宮前区菅生でピアノを習うなら大人も子供も「MCジョイアスで!」

子供の場合

ピアノレッスン+ワーク(座学)にて基礎をしっかり勉強しながら、ピアノの楽しさに触れてもらう事を基本としています。
その中でしっかり一人一人の目的をお伺いし、それに合わせたレッスン内容を考えていきます。​
お子様がまだ小さい場合は、おうちの方もご一緒にまずは初回体験レッスンを受講いただき、色々とお話を聞かせて下さい。

画像

大人の場合

基礎も大事ですが、それ以上に「音楽とどう向き合いたいか?」「目的はなんだろう?」この二つに重点を置いています。
好きな曲、好きなジャンルをとにかく弾きたい。
短期間で一曲だけ仕上げたい。
結婚式のサプライズ演奏のために通いたい。
もちろんおまかせください!

初回、体験レッスン時に講師にお気軽にご相談ください。

画像

たった1日で弾ける方法があるんです

「譜面を読むのが難しそう」
「両手で弾けるようになりたい」
保育士さんの資格、受験対策、音楽高校、音楽大学試験対策(多数実績あり)。
実技、楽典、ソルフェージュなど対応可能です。
また、現役の保育士さんや、ピアノの先生なども通っております。
ピアノが苦手な保育士さん、コードを読むことが苦手なピアノの先生、クラシック畑の先生のジャズピアノ、アートの幅を拡げたい方どんな方でも対応可能です。​

対応ジャンル
  • クラシック
  • ジャズ
  • ポピュラー
  • ポップス
  • 音楽理論
  • 各種試験対策

他目標を持ちたい方や発表したい方のために、毎年大ホールにて、発表会なども企画しております(参加は任意)

少しでも気になった方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ♪

レッスン予約はこちら

info@mcjoyous.com

または下記クリックいただきお問い合わせフォームからレッスン予約ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる