子供の時に習い事をしておくことのメリットは?


子を持つ親として、

「子供に習い事をさせておくべきか」

「たくさんの習い事をさせても大丈夫か」

など、たくさんの心配や悩みがあると思います。

 

現代では、約80%近い小学生が何か1つは習い事をしているそうです。

 では、子供に習い事をさせておくメリットとは、一体なんなのでしょうか。

この記事では、そんな子供に習い事をさせるメリットなどについて、詳しく解説していきます。

目次

 子供の頃に習い事をさせておくことのメリット

画像

習い事を通じて友達ができる

子供に習い事をさせておくと、その習い事を通じて新しい友達作りができます。

というのも、習い事というのは同じ小学校や同じ地区に住んでいる子供たちだけでなく、色々な子供たちと一緒にレッスンを受ける場合があります。

また、野球、サッカー、ピアノ、書道など、同じ習い事を一緒になって行うため、団結力が生まれる場合もあります。

 

更に、まだ学校や家庭、近所という狭い範囲の社会でしか生活をしたことのない子供に、新しい経験をさせてあげることも可能です。

 

体や脳、手先が鍛えられる

習い事と一言でいっても、様々な種類があります。

ただ、どんな習い事にも、子供にとってのメリットがあります。

例えば、スポーツ系であれば、体を鍛え日ごろの運動不足を解消することができるでしょう?

 

ピアノや音楽であれば、手先を器用にするだけでなく脳の発達にも役立ちます。

現代は、スマホやゲーム機が一般化しているため、なかなか外で虫取りをしたり、運動をしたりする子供が減りました。

また、ピアノやギター、バイオリン、絵など芸術を楽しむという子供もかなり減りました。

 

しかし、習い事をさせることによって、現代の便利な時代で失われつつある子供の成長を助けることができるのです。

 

メンタルが強くなる

新しいことを始めると、必ず最初はうまくいかないことや上手にできないことがあります。

しかし、その失敗を乗り越え、上手にできるようになった時、子供の自信に繋がるのです。

また、何かうまくいかないことが起こったときに、

 

「どうすればうまくできるのか?」

と、課題解決に向けて考えさせることで、大人になってから役立つメンタルを鍛えることもできるのです。

 

遊びの時間が減るのでは?

画像

子供に習い事をさせようか迷っている親御さんの中には、

「子供の遊ぶ時間が減ってしまうのでは」

と懸念している方もいるでしょう。

 

確かに、その可能性はあります。

ただ、そうなってしまう原因としては、

「習い事をさせすぎ」である場合がほとんどです。

 

いくつもいくつも習い事をさせてしまっている場合には、

「今日はピアノで、明日は習字で、その次の日は野球で」

といったように、子供に余裕を持たせることができなくなってしまいます。

 

しかし、1つや2つの習い事であれば、遊ぶ時間が減るということは考えにくいです。

 

また、子供にたくさんの習い事をさせている家庭というのは、親のエゴが強すぎる場合があります。

例えば、

「将来困らないように、できることはなんでもさせよう」

「自分が子供の時に甲子園に行けなかったから、子供には小さいうちから野球をやらせよう」

となってしまっている場合が非常に多いです。

 

詳しくは後述しますが、子供に習い事をさせる場合、なんでもかんでもとにかくやらせばいいということではないのです。

では、子供に習い事をさせる場合は、どのようなことに注意をすればよいのでしょうか。

・子供に習い事をさせるときの注意点

 

強制しない

一番大事なことは、強制しないことです。

先ほども少し説明しましたが、親のエゴでたくさんの習い事をさせてしまうと、子供の遊ぶ時間を減らしてしまうだけでなく、子供が疲弊してしまいます。

中には、親の喜ぶ姿を見たいがために、習い事を頑張るという子供までいます。

 

しかし、習い事の目的は、親を喜ばせるためではありません。

子供の体力、精神力、感性などを鍛え、将来に役立てるということが本来の目的です。

この目的を親が見失ってしまうと、いくら習い事をさせても、それが子供の将来に繋がることはないでしょう。

 

そのため、親のエゴで習い事をさせるのではなく、子供が本気で興味関心を抱いていることを習わせてあげることをおすすめします。

 

費用を考える

習い事をさせる場合、必ずと言っていい程お金がかかります。

中には、決して安いとは言えない金額がかかる習い事もあります。

子供の将来のためにお金を惜しみたくないことはわかりますが、複数の習い事をさせる場合には、どれくらいの費用がかかり、自分達はどれくらいの費用なら出せるのかということをしっかりと家族で話し合っておくことをおすすめします。

 

例えば、習い事の費用が思ったよりも掛かり、夫婦で喧嘩になってしまった場合、子供は何も悪くないのに罪悪感を覚えてしまいます。

 

そうならないためにも、習い事をさせる前に子供を交え、しっかりと話し合っておくことが大事です。

 

・まとめ

子供に習い事をさせると、たくさんのメリットがあります。

しかし、あくまでも子供の意思を尊重してあげることが大事で、親のエゴで習い事をさせてしまうと、子供を疲れさせてしまう可能性があります。

 

ただ、子供が少しでも興味を持っているのであれば、将来の選択肢を増やしてあげるという意味でも、

とりあえずやらせてあげるという姿勢も大事だと言えるでしょう。

 

その中で子供の適性や、好きなものを判断させれば良いのです。

 

当スタジオは、様々なレッスンを多種多様に選択ができます。ダンスも語学も英語も色々チャレンジしてみてください。

あなたの好きを見つけるスクール。

それが当スタジオ(MCジョイアス)であり、スタートクリエーション株式会社です。

 

 

目次
閉じる