独学の限界!?ピアノは先生に習うべき理由

「趣味として新しくピアノをはじめてみようかな」
「友達の披露宴や宴会の出し物でピアノを披露したい」

この記事は、そんな思いをもった大人の方に向けて書いています。
大人になってからピアノを始める人は多くいらっしゃいます。
そんなときに迷うのが、独学でピアノを練習すべきか、ピアノ教室に通うべきか、ということではないでしょうか。

1、ピアノ独学のデメリット
「数万円〜数十万円の電子ピアノを購入し、はじめの数週間は弾いていて簡単な曲は弾けるようになったものの、日常の忙しさから徐々にピアノに触らなくなり、気づいたらピアノの上をただの物置としてつかっているだけ…」

独学でピアノを練習しようとする場合の、一番のデメリット、難点はモチベーションの維持です。多くの方がおっしゃっていますが、ピアノを独学しようとすると膨大な時間を浪費してしまいます。

「ピアノの音を聴くこと自体が楽しくてしょうがない!」
という方は別ですが、ある程度のレベルまでは基礎練習をピアノの先生と一緒に練習する方が、圧倒的に効率的です。

特に本気で上達しようとしている子供にとっては、変な癖がついてしまったりするとのちのち難しい曲になかなかチャレンジできなくなってしまいます。

2chなどの動画サイトで基礎練習から学ぶ方法もありますが、やはり対面で先生からアドバイスをもらうことで自己流のピアノ演奏に陥る可能性を防ぐことができます。

2、ピアノは習ったほうが断然いい!
では、どこまでピアノを習うべきなのでしょうか?
もちろんピアノを弾けるようになりたい理由によって、いつまでピアノを先生に習うべきかは変わりますが、
最低限やるべきことはピアノを弾けるようになるための“はじめの一歩”を先生に習うことです。

基礎練習ほどモチベーションを下げるものはありませんよね。
ここを乗り切ったら、あとは独学でなんとかしようとするのもいいでしょう。
もう少し高いレベルに到達したいのであれば、応用レベルまでピアノ教室に通うのもいいでしょう。

3、ピアノを習うことのデメリット
ピアノができるようになるためには独学よりも習う方がおすすめですが、
習うことのデメリットとして、“気軽さ”、“日時の制約”がよく挙げられます。

大手のピアノ教室となると、たしかに開講日時が基本的には決まってしまっていて、気軽さに難があります。

また、講座テキストに沿って進められるため、“自分の弾きたい曲が弾けないということもデメリットです。
しかし、MCジョイアスでは『あなたスタイル』でフレキシブルにピアノ教室に通うことができ、希望の曲を練習することができます。
当スタジオは短期でも習えるし、月1〜でも習えるし、朝から晩まで先生と予定を合わせて好きなスケジュールを組むことができるのです。

4、まとめ
MCジョイアスは、溝の口駅から徒歩4分で着くカルチャースクールです。

大人の方も子供の方も、一人一人がピアノを弾きたい目的に合わせて、
『個性を徹底的に磨き上げるあなたスタイル』

で、ピアノ講座を開いています。 無料体験はいつでも受付中なので、興味のある方は連絡お待ちしております!


川崎市高津区溝の口の音楽教室・カルチャースクール
『Music&Culture Joyous(MCジョイアス)』
ピアノ教室・話し方トーク術講座・英会話・作曲・DTM・ギター等

住所:〒213-0001 川崎市高津区溝口1-17-7 橋本ビル 3F
電話番号(本部):044-577-7806
電話番号(担当直通):090-4487-4665
​メールアドレス:info@mcjoyous.com

画像

目次
閉じる