ヨーロッパで出会ったストリートピアノについて

目次

音楽とヨーロッパ旅の思い出

数年前の年末、奥さんと二人でヨーロッパを旅した。

フランスをスタートし、鉄道を使って、ベルギー、オランダ(アムステルダム)など数カ国を横断して渡る旅だった。

ヨーロッパは国や街の位置関係によるが、鉄道移動は最も楽で簡単な移動方法の一つである。
シェンゲン協定
を結んでいる国であれば、国境を入国審査なしに通過できる。

まとまった休みが取れるのがもっぱら年末なので、この時期に旅なのだが、
ヨーロッパ、特にクリスマスあたりは閑散期のため、航空券が非常に安く出回ることがある。
日本でいう正月のようなイメージなので、有名観光地や、開いているお店自体が少ないなど、
リスクは大いにあるが、短い期間でヨーロッパを周遊するには安価な方法の一つである(オススメはしない)。

画像

あちこちに置いてある駅のフリーピアノ

さて、その時に印象的だったのは、どの駅にもフリーで弾けるピアノが置いてあることであった。

電車の待ち時間、仕事帰り?待ち合わせの時間潰し?ありとあらゆるところで、
クラシック、ポピュラーソング、聞いたことない曲(オリジナル?)
思い思いに楽しそうに演奏している様子であった。
外国を旅するたびに思うのは、人前で自分をさらけ出すという行動が恥ずかしいと思っているのは、実は日本人だけなんじゃないか?と思う。

そこにピアノがあれば自然と弾き、自然と歌い出し、
音楽がなり始めれば、人は思い思い踊り出す。
タンゴ、ジャズ、チークダンス。

世界の人たちは、音楽も、ダンスもたいていの場合、
嗜みの一つとして即座に披露することができる。

日本人には中々できない、日本では中々見られない光景だと感じた。

画像

さて話戻って、このピアノことを、ストリートピアノというらしい。
アムステルダムの初日、半日の通訳とガイドをしてくださった現地にお住まいのフリーガイドさん、オランダまりぽささんが教えてくださった。まりぽささんも音楽をされる方。
とても親切で、丁寧なガイドさんだったので、オランダ旅行に行く機会のある方は是非尋ねて見てくださいね。

旅行の補足:

私は海外旅行について、もっぱら個人旅行派である。ツアーは、確かに楽だし安心だが、早朝出発、滞在時間が短時間など、強行スケジュールが多いのと私自身集団行動が苦手なので。

ある時から効率よく、自分のペースでまわりたい時、しっかり解説付きで観光したい場所などがある時には、現地にお住まいのガイドさんを探して訪ねることにしている。
世界中どこにでも日本人は住んでいる。このサイトは特に、便利なので参考までに。

画像

 

ストリートピアノとは?

ストリートピアノ(英:street piano)とは街中・街角に設置された誰でも自由に弾けるピアノの通称。音楽を通じて人と人のつながりを生み出すといった趣旨を込めて設置されている。(wikipediaより抜粋)

そんなことからストリートピアノの存在を知り、本日に至る。

 

ヨーロッパから帰国してしばらくしたある日、テレビをつけると、NHK(BS1)でストリートピアノの特集をやっていた。

なんていうタイトルの番組だったかなーと思って、ネット検索したらあった!これ!

画像

NHKBS1 空港ピアノ・駅ピアノ
空港・駅に置かれた1台のピアノ。世界中から訪れた人々が、思い思いに音を紡いでいく。どんな曲をどんな思いで弾いたのか。定点カメラで見つめる。という番組。
詳細

また、同じくらいの時期に、
タイミングが重なり音楽をやっている友人のSNSで私の住んでいる街の近所でも、
ストリートピアノが置かれている投稿を目にし、日本でも実はすでに進出をしていたことを知った。

色々調べていくうちに、
実は、私の地元鹿児島ではむしろ、先駆け的に、
「食と文化の情報発信交流拠点」を目指す商店街が、 アジア・日本で初めて、このストリートピアノ(常設)という試みに取り組んでいたではないか!!!

2011年~ 鹿児島のストリートピアノ・プロジェクト
詳細はこちら

なんと、少し前から始まっていたのか。

そんな訳で、日本中に拡大を見せる、ストリートピアノ。

外国の方も急激に増え、どんどんグルーバル化している今、ヨーロッパ文化がどんどん一般に根付いて行く中で、日本も当たり前に音楽や芸術が身近になる。

そんな時、即座に自分だけの一曲弾けたらとてもかっこいいと思う。

恥ずかしがってはいられない。
音楽を演奏できるということは、特別なことではなく、
今後当たり前に、人々にとっての嗜みの一つになるのではないかと感じた。

ピアノ嗜んでみませんか?まずは一曲、完成を目指して。
是非!

川崎市高津溝の口・宮前区菅生でピアノを習うなら大人も子供も「MCジョイアスで!」

子供の場合

ピアノレッスン+ワーク(座学)にて基礎をしっかり勉強しながら、ピアノの楽しさに触れてもらう事を基本としています。
その中でしっかり一人一人の目的をお伺いし、それに合わせたレッスン内容を考えていきます。​
お子様がまだ小さい場合は、おうちの方もご一緒にまずは初回体験レッスンを受講いただき、色々とお話を聞かせて下さい。

画像

大人の場合

基礎も大事ですが、それ以上に「音楽とどう向き合いたいか?」「目的はなんだろう?」この二つに重点を置いています。
好きな曲、好きなジャンルをとにかく弾きたい。
短期間で一曲だけ仕上げたい。
結婚式のサプライズ演奏のために通いたい。
もちろんおまかせください!

初回、体験レッスン時に講師にお気軽にご相談ください。

画像

たった1日で弾ける方法があるんです

「譜面を読むのが難しそう」
「両手で弾けるようになりたい」
保育士さんの資格、受験対策、音楽高校、音楽大学試験対策(多数実績あり)。
実技、楽典、ソルフェージュなど対応可能です。
また、現役の保育士さんや、ピアノの先生なども通っております。
ピアノが苦手な保育士さん、コードを読むことが苦手なピアノの先生、クラシック畑の先生のジャズピアノ、アートの幅を拡げたい方どんな方でも対応可能です。​

対応ジャンル
  • クラシック
  • ジャズ
  • ポピュラー
  • ポップス
  • 音楽理論
  • 各種試験対策

他目標を持ちたい方や発表したい方のために、毎年大ホールにて、発表会なども企画しております(参加は任意)

少しでも気になった方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ♪

レッスン予約はこちら

info@mcjoyous.com

または下記クリックいただきお問い合わせフォームからレッスン予約ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる