仕事においても英会話が必須な世の中になってきています!【溝の口 英会話】

ここ数年で、日本に住む外国人の方や観光客の方が急増しています。
日本のどこの観光地へ行っても、日本人よりも外国人の方が多くいらしているのが現状です。
皆様もそういった場面に多々遭遇しているはずです。

どこの国から日本へ来ても、外国の方が我々に使うのは「英語」です。
なぜなら、英語は世界共通語だからです。

今までは
「自分は英語が上手くないし、関わらないからいいや」
と思っていた皆様、

・もし自分が働く接客業のお店に外国人がいらしたら?
・職場の飲食店に外国人がいらしたら?
・営業先のお客様が外国人の方でしたら?

皆様どうしますか?

プライベートではなく仕事の場合、英会話は避けて通れません。
何も英語を1から完璧にする必要はないのですが、今のうちに最低限の英会話を身に付けてみませんか?

来年には東京オリンピックも控えております。

画像

当社MCジョイアスのある溝の口では、確かに近年(この数年)、外国人がかなり増えたなという印象を持ちます。

カフェにいても道を歩いていても、居酒屋に入っても1日数名は外国の方を見かけます。

溝の口は立ち飲み屋や居酒屋、焼き鳥屋が多い街としても有名です。

外国人が増えてきた今、「仕事として」対応するというのは時代的にも街のニーズ的にも欠かせないスキルになりつつあるので、「英語での接客対応」や「ヒアリング」が必須になってきています。

これは都会に限った話ではなく、あなたの働く職場にもいつ外国人が訪れてもおかしくない状況なのです。

英会話での接客には「ポイントフレーズ」があります。

接客業でのフレーズの例を挙げます。

小売店など、レジにお客様が来た時のあいさつは、日本語では「いらっしゃいませ」が基本だと思います。

しかし、英語ではこの「いらっしゃいませ」にあたるフレーズがありません。
「いらっしゃいませ」は、「Hello, how are you?(こんにちは!お元気ですか?)」

など一般的なあいさつフレーズを使います。
かしこまったお店では「hello」のかわりに「good morning」や「good afternoon」などを使う場合もあります。

これらを知っているか知らないかで、外国人のお客様にファーストコンタクトを取ることすらできないのです。

しかし、英語が苦手な方でも自分の職場で使えるフレーズさえ覚えてしまえば上手にコミュニケーションを取ることができます。
なにも文法や単語を1から勉強し直す必要は全くないのです。

 

MCジョイアスでは様々なパターンの英会話を学ぶことができます!

MCジョイアスでは、お客様一人一人の状況に合わせた英会話を学ぶことができる環境を整えております。

また、チケット制なので月1回~好きな時間にレッスンを受けることができます!
地域密着型の教室として、英会話を皆で楽しみながら学習しています。
川崎市高津区の【溝の口校】で受講が可能です。
川崎市、高津区、溝の口近郊の方はぜひ1度お問い合わせくださいませ!

お問い合わせはこちらをクリック

画像

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる