聞き上手のコツは話を聞くことではない?話し上手の掟とは

しばしば、「話し上手は聞き上手」という言葉を耳にします。
これは、他人の話に耳を傾けることで、相手に安心感や幸福感を与え、人間関係を改善したり、信頼関係を築いたりするテクニックのことです。
つまり、聞き方が上手いことは、話し方を含めたコミュニケーションスキルが高いということです。
一方で、一口に聞き上手といっても、単に話を聞いているだけでよいかといえば、それも違います。 そこで、今回は、聞き上手のコツをご紹介したいと思います。
突然ですが、中学校や高校でバスケットボールをされた経験はありますか?
部活やクラブでしっかり学んでいなくても、一度は体育の授業で習ったことはあるでしょう。
バスケットボールって、敵の動きを交わしながらゴール(バスケット)を目指して進んでゆくスポーツです。
途中で、敵に阻まれ進めなくなれば、仲間にパスを回しながらゴールを目指します。
話を聞くことはこれに似ています。
相手が話したいことを先回りして考え、絶妙なタイミングで相槌や質問をしながら会話をゴールへ誘います。
つまり、会話を先導してるのは聞く側であり、上手く誘導できる人ほど、話しやすい相手と評価されることになります。
傾聴のコツは、いかに話を脱線させずにゴールへ近づけるか。
時には、質問をパスしたり、まるでバスケットボールのドリブルのようにテンポのよい相槌を打つことが傾聴のコツなのです。
画像
会話の速度やトーンで傾聴力アップを
例えば、話し相手の方が、早口で会話について行けない。または、ぼそぼそっとした話し方で聞き取りにくい。 このような場合、あなたは、どのような話し方を心がければよいのでしょうか?
相手の話し方につられてしまっているようでは、まだまだ聞き上手とはいえません。
「相手の話し方が早いときは、ゆっくりしゃべる。」
「相手がぼそぼそとした話し方の場合は、声のトーンを高くしてみる。」
会話は相手に合わせれば上手くいくとは限りません。
時に、相手と逆の話し方をすることで、会話が弾む環境を作り出し、話しやすい雰囲気を作ることも可能なのです。
このように会話の速度やトーンを工夫することは、傾聴を上手くする秘訣です。
相手が話していて心地よいと感じれば、あなたは「聞き上手」であり、「話し上手」という印象を相手に与えることができるのです。
画像
話し方講座でコミュニケーション力アップを
Music&Culture Joyous(ジョイアス)の話し方講座では、
話す速度やトーン、相手に与える印象を含めて学ぶことができます。
会話が苦手・・・。
そんな悩みがおありでしたら、講座をお試しください。
会話力は傾聴を含めたコミュニケーション力です。
上手な話術を学ぶことで、仕事や友人関係などあらゆる人間関係をスムーズにすることができます。その土台をしっかり学んでみてはいかがでしょうか?
まずは、お気軽にお問い合わせ、体験してみてくださいね。

川崎市高津区溝の口の音楽教室・カルチャースクール『Music&Culture Joyous(MCジョイアス)』|ピアノ教室・話し方講座・作曲・DTM・ギター等
住所:〒213-0012 川崎市高津区溝口1-17-7 橋本ビル 3F
電話番号(本部):044-577-7806
電話番号(担当直通):090-4487-4665
​メールアドレス:joyous.start@gmail.com
画像
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる