話すことへのコンプレックス

「話すこと」をテーマにしたMCジョイアスのレッスン。
話し方という新レッスンを始めてカウンセリングということの大事さを身に締めています。
ピアノや作曲、その他音楽のレッスン以上に話し方にはカウンセリングが重要だなと感じます。
そんなカウンセリング段階から見ている、ある方の気づき、そして変化についてのブログを書きます。
<初期段階>
話すこと、理解すること
まずはここから始めましょう。
「自分に少しでも自信がついてきた」そんな気持ちが少しでも生まれた人は、まず一歩確実に踏み出しています。
初期の段階では
「恐怖感」や「自分にはできないんじゃないのか。」
怖い」、「あるいは自分にはできない」
という思い込みが、
=焦りにつながったり、頭がぽかーんと真っ白になってしまったり。
そして負のスパイラルに陥るということになるんですね。
実際にレッスンを受けていただいて、初期段階、つまりはまだ1−2回の段階では、
話すということについては、まだまだ改善が必要な印象もあります。
何かを話す時、噛んでしまう、物事をわかりやすくかいつまんで話すとか、
うーん難しいですね。
習ったことを全て出そうとするのはまだまだ難易度高いし、それで混乱して結局自分を出せなかったという状況はあります。
でも大丈夫、頭では理論は理解できてきましたし、一歩進んでます!!!
次のステップ
「なぜ話すのが苦手なんだろう。」
根本を知りましょう。例えば、ストレス。
子供のころとか、仕事でのトラウマとか、これまでの家庭環境とか。
あと、ストレス、気疲れなどもありますね。
私もぶっちゃけ昔は人付き合いがそんなに得意な方ではありませんでした。
だけどある時、自分の根本にあることを指摘され(家庭環境とか結構複雑でしたから)、
それがとても心に響いたんだと思います。
「あ、この人は俺の話を聞いてくれてる、心でわかってくれてる。」
まぁそれを指摘してくれた方は人生経験も豊富だからなのかもしれませんが。
気付いたことが、
・自分の話を聞いてほしかった
でもそれは頭でただたんに理解するのではなく、心でわかってほしい共感してほしい
という気持ちがきっとどこかにあったんですね。
「それまでは、なんかみんな、わかってるようでいざとなると
いつも自分のことばかりだなというふうに思ってました。
まぁだいぶ屈折した若者だったんですけど笑
そのため自分のことなんて「話すことを、自分から諦めていた」
という感じです。
どうせ話してても相手は自分の事ばっかり
まぁよく理解されないだろうし、言っても無駄。
そんな寂しい人間でした笑
自分を理解する耳を傾ける。これが重要なんですね!とっても。

画像
最後に
「自分の心 っていうのは、自らでわかってほしい」
と思っています。
そんなことは知っている。
そうですよねあなた自身の話なのでそうでしょう!ただ、その心にロックをかけていませんか?
・自分を知ってもらい
・自分と向き合い
・自分の可能性を知る
・そして一歩踏みだす
もっとあなたのことを知りたい。解決できる糸口を伝えたい。
そんな方にはこのスタジオのレッスンは最適かなと思います。
誰にしも悩みはあります!もちろんコンプレックスも!
このスタジオを経営している私にも、人には言えない多くのコンプレックスというのは確かにあります。
どうやってそれに向き合ってきたかってきたか。
ってことが大事ですよ!
そのきっかけを少しでも伝えられたらいいですね。
今月は、無料体験なども実施中です。
まずは体験受講してみませんか? 
あなたのコンプレックスを改善したい。より豊かな日々を送る手助けができるように。
心を込めて!
では♪


ページ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる